膀胱炎の治療費用の相場とは

膀胱炎に関わらず、病気をした時に気になるのが治療費用です。
保険証を持っていくのは大前提です。
保険証を持っていないと、10割負担になってしまうので数千円で済む費用も数万円に変わってしまいます。
後から払い戻されるとはいえ、一度に数万円を支払い、後から手続きをして払い戻してもらうというのは手間がかかります。
そのため、病院に通う時は保険証を忘れないようにしましょう。

続きを読む 膀胱炎の治療費用の相場とは

膀胱炎の治療期間はどの程度必要なのか

一般的な急性膀胱炎の場合、治療方法は抗生剤の服用になります。
その期間は約1週間、長くても10日ほどと言われています。
基本的に飲み始めて数日で膀胱炎の症状は治まります。
しかし、なぜその後も抗生剤を飲まなくてはいけないのかと言うと、体内に残っている菌をすべて失くすためです。

続きを読む 膀胱炎の治療期間はどの程度必要なのか

膀胱炎には抗菌薬が効果あり

膀胱炎の治療薬として処方される抗生剤は、主に抗菌薬とも呼ばれます。
しかし、簡単に抗菌薬と言ってもさまざまな種類があり、膀胱炎のタイプによって処方される抗菌薬も異なってくるようです。
膀胱炎の中でも多い傾向にある急性膀胱炎の場合はペニシリン系剤の抗菌薬が処方されます。
他にもニューキノロン系剤、セフェム系剤などもあります。
抗菌薬はすべての菌に効果があるわけではありません。
それぞれの菌に効果がある抗菌薬があり、それ以外のものには効果がないのです。

続きを読む 膀胱炎には抗菌薬が効果あり

膀胱炎の治療方法とは

膀胱炎の治療方法は、基本的に抗生剤の服用です。
治療期間に個人差はありますが、大体1週間が治療期間の目安となっているようです。
しかし、抗生剤と言っても、薬剤耐性菌が増えてきているため、処方された抗生剤では効果を得られない人も増えています。
処方された抗生剤の効果が薄くても、新しい抗生剤が処方されるので心配は無用です。
医師としても、抗生剤の効果がなかった場合は想定しているので、そこで治療が行き詰まることはありません。
体質などに合わせて、抗生剤だけではなく漢方薬が処方されることもあるようです。

続きを読む 膀胱炎の治療方法とは