膀胱炎の注意点とは

膀胱炎の注意事項、それは放置しないことです。
多少でも症状を自覚したら、泌尿器科や内科、婦人科を受診しましょう。
放置することで重篤な病気に進行する場合もあります。
逆に膀胱炎と似た症状であっても、別な病気である可能性も否定出来ません。
きちんと専門医に診てもらい、膀胱炎であれば治療を、別の病気であれば更に検査をしてもらってはっきりとさせましょう。

続きを読む 膀胱炎の注意点とは

膀胱炎に予防方法はあるのか

膀胱炎は比較的起こりやすい病気です。
身体の構造上、女性に多い傾向があり、何度も再発をしている人もいるのではないでしょうか。
膀胱炎はなりやすいのですが、決して予防方法がないわけではありません。
膀胱炎にならないための鉄則として、細菌を侵入させないこと、細菌を繁殖させないこと、このふたつを守りましょう。

続きを読む 膀胱炎に予防方法はあるのか

膀胱炎が女性に多い理由とは

膀胱炎は男性も患う病気ですが、男女の比率で見た場合圧倒的に女性の方が多い病気です。
女性は必ず経験すると言っても過言ではない病気と言われていて、実際に経験した人、何度も再発を繰り返している人もいるのではないでしょうか。
しかし、なぜ膀胱炎は女性に多いのでしょう。
その事実には理由があったのです。

続きを読む 膀胱炎が女性に多い理由とは

膀胱炎の検査内容とは

初めて膀胱炎になった場合、検査内容などに不安を持つ人もいるでしょう。
しかし、不安に思っているような難しい検査はないので、意外と検査が終わった後はあっさりで驚く人もいます。
基本的に膀胱炎の検査は尿検査が一般的です。
病院によっては血液検査も一緒にする場合がありますが、急性膀胱炎の場合は尿検査で分かるので、まずは尿検査だけをする病院が多い傾向にあります。
検査自体は比較的簡単なので、パッと終わります。

続きを読む 膀胱炎の検査内容とは

膀胱炎は治療完了後も再発がありえるのか

膀胱炎は一度なったからと言って、二度と再発しないものではありません。
むしろ、膀胱炎はどちらかと言えば再発しやすい病気として知名度が高いと言っても過言ではありません。
特に膀胱炎は女性がなりやすい病気として有名なので、女性で膀胱炎になった人、再発を繰り返している人は珍しくありません。

続きを読む 膀胱炎は治療完了後も再発がありえるのか

膀胱炎の治療費用の相場とは

膀胱炎に関わらず、病気をした時に気になるのが治療費用です。
保険証を持っていくのは大前提です。
保険証を持っていないと、10割負担になってしまうので数千円で済む費用も数万円に変わってしまいます。
後から払い戻されるとはいえ、一度に数万円を支払い、後から手続きをして払い戻してもらうというのは手間がかかります。
そのため、病院に通う時は保険証を忘れないようにしましょう。

続きを読む 膀胱炎の治療費用の相場とは

膀胱炎の治療期間はどの程度必要なのか

一般的な急性膀胱炎の場合、治療方法は抗生剤の服用になります。
その期間は約1週間、長くても10日ほどと言われています。
基本的に飲み始めて数日で膀胱炎の症状は治まります。
しかし、なぜその後も抗生剤を飲まなくてはいけないのかと言うと、体内に残っている菌をすべて失くすためです。

続きを読む 膀胱炎の治療期間はどの程度必要なのか

膀胱炎には抗菌薬が効果あり

膀胱炎の治療薬として処方される抗生剤は、主に抗菌薬とも呼ばれます。
しかし、簡単に抗菌薬と言ってもさまざまな種類があり、膀胱炎のタイプによって処方される抗菌薬も異なってくるようです。
膀胱炎の中でも多い傾向にある急性膀胱炎の場合はペニシリン系剤の抗菌薬が処方されます。
他にもニューキノロン系剤、セフェム系剤などもあります。
抗菌薬はすべての菌に効果があるわけではありません。
それぞれの菌に効果がある抗菌薬があり、それ以外のものには効果がないのです。

続きを読む 膀胱炎には抗菌薬が効果あり

膀胱炎の治療方法とは

膀胱炎の治療方法は、基本的に抗生剤の服用です。
治療期間に個人差はありますが、大体1週間が治療期間の目安となっているようです。
しかし、抗生剤と言っても、薬剤耐性菌が増えてきているため、処方された抗生剤では効果を得られない人も増えています。
処方された抗生剤の効果が薄くても、新しい抗生剤が処方されるので心配は無用です。
医師としても、抗生剤の効果がなかった場合は想定しているので、そこで治療が行き詰まることはありません。
体質などに合わせて、抗生剤だけではなく漢方薬が処方されることもあるようです。

続きを読む 膀胱炎の治療方法とは