泌尿器科での相談

相談する病院選び

女性に排尿時の痛みや頻尿、残尿感などの症状が出たら膀胱炎の可能性があります。
体の構造から女性はどうしても膀胱炎になりやすいため、もしこれになったら病院で早めに治療を受けるといいのですが、相談先の病院はどこにするといいでしょうか?
これについて女性なら婦人科を選ぶ方もよくおられますが、近くにいい病院がないときなど、ほかの病院で相談したいでしょう。
このときに泌尿器科も相談先となります。

泌尿器科とは尿に関する症状や部位の診察を行っており、膀胱はまさに泌尿器科が診ている主要な部位となります。
膀胱炎は膀胱で起こる炎症となりますから、泌尿器科で相談や治療ができますよ。
近くに気になる泌尿器科がある場合、そちらでの相談も考えるといいでしょう。

泌尿器科は女性が利用してもいいの?

女性の方など泌尿器科は男性向けの病院なのではという不安もありますよね。
これは特に問題なく、その病院が制限などを設けていなければ男女どちらでも利用できます。
泌尿器科が男性向けの病院と思われやすいのは、こちらの病院が男性の生殖器を診ているからですね。

前立腺など男性にしかない部位の診察なども泌尿器科は行っています。
そのため男性の利用者が自然と多くなるところはあります。
しかし泌尿器科自体は男性限定の診察科ではないため、女性の利用は特に問題はありません。
近くに泌尿器科があり、そちらの方が利用しやすい場合は、膀胱炎などの症状をそちらの病院で相談するのもおすすめです。

泌尿器科での相談の流れ

こちらで症状の相談をするときの流れですが、まず受診に予約などは必要ないことが多いです。
診療時間内に来院し、受付してください。
膀胱炎の治療は保険適用を受けられますから保険証を忘れずに持参しましょう。
診察時には症状について医師が聞くほか、膀胱炎が疑われる場合は検査が行われることが多いです。

膀胱炎かどうかは尿検査で調べられるため、主にこの結果を見ての診断になることが多いですね。
ただし、本当に膀胱炎かどうかは医師の判断によります。
患者が訴えた症状により、別の病気を医師が疑う場合は対応が変わることもあります。
場合によっては陰部を医師が確認する可能性もないわけではありません。
男性医師に陰部などを見られるのに抵抗があれば、疑いのある症状だけを聞いて、詳しい診察は女医のいる婦人科などで受けるといった対応も可能です。

診察が終われば処方箋をもらって帰ります。
泌尿器科ではこのように膀胱炎などの相談もできますから、排尿時の痛みや頻尿などの症状で悩んでいる女性はこちらの利用も考えてみるといいです。